学資保険 がわかる・学資保険 の教科書
学資保険 の教科書
学資保険 をわかりやすくお伝えいたします。

サイト運営者紹介

加藤弘幸

こんにちは、学資保険 の教科書を運営している京応保険設計の加藤弘幸です。このサイトとは学資保険 を真剣に検討されているお父さん、お母さんにのために作成しております。是非お役立て下さいね。 ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

新着情報

京都新聞にて紹介されました。
京都新聞掲載記事

[画像を拡大します]

人気ランキング

■1位
貯蓄重視型・学資保険プラン
300万円コース
■2位
児童手当活用・学資保険プラン
月々1万円コース
■3位
貯蓄重視型・学資保険プラン
500万円コース

運営者の紹介
特定商取引法
個人情報保護法
堅い加入方法

最小の投資で最大の効果を得るためには

「知らないと損をする」そんなことがあってはなりませんが、世の中「知らないと損をする」ことばかり。
ご加入を決める前に、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。
そのポイントは次の3つ

■公的助成(乳幼児手当、児童手当、乳幼児医療制度)の改正を上手に活用しよ

2006年4月、児童手当制度が改正され、支給対象年齢がこれまでの小学校3年生までから、
小学校6年生までに拡大されました。 その上2007年度からは乳幼児手当てとして 3歳になる
まで月額1万円が支給されることになっています。
また、乳幼児医療制度も大幅に助成期間が伸び、子育て世代にとっては大きなフォローに
なっています。 この3つの助成制度を最大限に活用しましょう。


■保険料は年払いで

多くの方が、学資保険の積み立てを月払いにされていますが、ぜひ年払いにしましょう。
保険商品によっても差がありますが、おおむね3%前後は保険料が割り引かれます。
3%というとあまりピントきませんが、ざっといえば5か月分の掛け金が無料になるぐらいお得です。
最初は月払いでスタートしても途中で年払いに変更できるので、ぜひ活用しましょう。


■出来るだけ短期払い

0歳のお子様の場合、大学進学時をイメージすれば積立期間は18年ですが、積立期間15年、
据置期間3年で18年目に準備しましょう。そのまま18年積み立てるより約3か月分 掛け金が
安くなります。

3つのポイントをよくふまえ、目的に合った学資保険を選べれば、きっと理想の学資保険プランが
出来上がりますよ!

お問い合わせはこちらへ